TAKARA&COMPANY 2022年5月期第1四半期決算

投資
決算説明会資料より引用

ディスクロージャー関連事業の売り上げが7.6%減

通訳・翻訳事業が34.6%増加しました。

全体の売り上げは昨対1.2億円減ったものの

純利益は1.9億円増加し、11.3億円となり

通期予想進捗率67%となりました。

通訳・翻訳事業は、のれん償却費を計上したため

赤字となりましたが、売り上げが

上がってきているので黒字化も

そう遠い話ではないと思います。

また ディスクロージャー関連事業では

来年の東証再編に向けたコンサルティング特需

も見込まれ、いずれ上方修正がでるのではと

期待しているのですが

決算発表後、株価は下落し

投資家の反応は冷めています。

どうにもこうにも株価はあがりませんね~。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました