TAKARA&COMPANY 2021年5月期決算

投資

2021年5月期決算は

売り上げ247億円(昨対29.6%増)で

予想の265億円には届きませんでしたが

純利益は16.3億円(昨対5.4%増)で

5期連続最高益となりました。

決算説明会資料より引用

ディスクロージャー関連事業は

法廷開示書類作成システムの売り上げ増

株主総会招集通知関連の売り上げがコロナの

影響で6月にずれ込んだことにより

セグメント利益が43.7%増えたのに対し

通訳・翻訳事業は

コロナの影響で、イベント等の延期、中止に加え

のれん、無形固定資産の償却の影響で

赤字となりました。(上図参照)

決算説明会資料より引用

今期は様々な事業体における

グローバル化に対応することや

アフターコロナ需要に注力することで

売り上げ増を見込んでいて

純利益17億円を予想しています。

特に来年行われる東証再編における

CGC(コーポ―レートガバナンスコード)改定は

絶好の商機となるのではと期待しています。

決算説明会資料より引用

配当は普通配当54円に

創業70周年記念配当4円を加えた58円の

予定です。

コロナ禍で厳しい状況の中

しっかり利益を出しました。

唐突なタイミングで行われた増資以来

株価は低迷していて、とりあえず

100株買い増しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました