兼松 配当金

投資

決算説明資料より引用

資源権益事業から撤退し、堅実経営で知られる

老舗総合商社の兼松の前期は、上図のように

主力の電子・デバイスをはじめ、全セグメント

振るわず、2期連続減収減益となりました。

決算説明資料より引用

今期は、世界的な経済活動の再開に伴い

業績回復を見込んでいて、当期利益150億円を予想

しています。

期末配当は1株当たり30円(中間配当30円)

300株保有で7172円(税引き後)頂きました。

5大商社の影に隠れて、目立ちませんが

いぶし銀な高配当銘柄なんですよね。

2期連続減収減益は、気になりますが

今期の頑張りに期待します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました