インフラファンド

投資

2020年3月から「東証インフラファンド指数」が算出、公表されています。

まだ7銘柄(すべて投資対象は太陽光発電)しかなく、時価総額も約1,334億円(2021年1月

15日時点)と、まだまだ規模は小さいのですが、分配金利回りが高く

世界的な潮流になりつつある「脱炭素」に沿った投資商品として注目されています。

僕も「タカラレーベン・インフラ投資法人」と「日本再生可能エネルギーインフラ法人」

各々1口ずつ保有していますが、自然災害や電力会社からの出力制御要請の可能性

固定価格買取制度の期間が20年である事、法人税非課税期間が同じく20年である事

など、懸念材料もいくつかありますので、ポートフォリオの中では

あくまでも、「トッピング」程度に抑えておきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました