バッフェットの名言 銘柄選びの注意点

バフェット関連

過去の業績が

どんなに素晴らしい

ものであっても

変化に何ら

対応しないでいれば

待ち受けるのは

破綻なのです。 

ウォーレン・バッフェット 成功の名語録  桑原 晃弥著

将来ではなく、過去の業績ばかりに

目を奪われて投資の是非を判断するのは

バックミラーを見ながら

車を運転するようなもので

期待通りの収益を得るのは

とても難しい。

バッフェットは、このことを

USエアの買収で痛感している。

1989年、バッフェットはピッツバーグに

本社のあるUSエアの株を

3億5800万ドルで購入した。

長年に渡って高収益を上げてきたことが

根拠だった。だが、その収益は

規制によってもたらされたもので

あることを、バッフェットは見逃していた。

同社は高コスト体質だった。

やがて規制緩和や競争の激化によって

著しい影響を受けるようになったが

コスト削減などの対策は後手に回り

「こんな投資をするなんて

なんて馬鹿なことをしたんだ」と

友人が激怒するほどの状態に

陥ってしまった。

規制に守られて存続した企業は

規制がなくなれば、コスト削減などの

手をうつか、さもなくば消えていく

ほかない。

大事なのは将来も成長できるかだ。

過去の業績ばかりに目を向け

将来をしっかり見ることをしないと

大きなつけを払わされることになる。

 決算書を読んで、将来を予想するのは

簡単なことではありませんね。

数字だけでなく、その企業の事業内容や

時代の流れ等を的確に把握して

おかなければなりませんね。


コメント

タイトルとURLをコピーしました